2007年08月01日

歯列矯正治療について

歯列矯正治療とは、美しい歯並びを作り出すと同時に、顔全体のバランスや咬み合わせも調整することらしいです。

不正咬合を治すことで、明るく、健康的な生活を送れるようにするのが矯正歯科治療の目的だそうです。

ただ、歯列がおかしいと、性格や体格の発達に異常をきたす可能性があるとかなんとかは言い過ぎだと思いますよ〜!!!今までに何人もの子供達の学習指導をしてきましたが、歯並びと成績や性格の関連性は全く感じたことはありませんもの。

まあ、無理に歯を移動させるのではなく、顎の成長をコントロールして歯を無理なく移動することにより、不揃いの歯や、上下のアゴの歯並びが咬み合わない状態を改善するということですね。

方法は状態によっていろいろあるみたいですが、大きく分けて下の4種類くらいあるようですね。

ウチの息子は全体矯正が必要らしく、ただまだ乳歯があるので、二段階に分けて行わなければならないようです。


●ブラケットを使わない矯正(クリアライナー)
見た目にも気になるブラケット(歯につける矯正装置)をつけずに、少しずつ歯並びを変えていく特別な装置を使う。
誰にも知られることなく、美しい歯並びを手に入れることができるので最近の脚光を浴びています。

●短期セラミック矯正(オールセラミッククラウン・ラミネートベニア)
歯1〜2本を矯正する為に歯を抜いたり、矯正装置をつけるより手軽に短期間で終了します。歯の根はそのままで見えている部分にセラミックをかぶせて形を変えることにより矯正していきます。
歯並びが悪く、重なっている部分は虫歯になっている事が多く、虫歯治療と矯正治療を同時に短期間で治療できるので大好評です。

●部分矯正(非抜歯・ディスキング・セラミック)
健康な歯を削る事なく美しい並びに。気になる部分だけの矯正ですので短期間で終了します。

●全体矯正
全体に装置を付けて咬み合わせのズレを修正します。
posted by 唯 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 歯列矯正治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49937300

この記事へのトラックバック


Excerpt: オールセラミックオールセラミックは、歯のクラウン(かぶせ物、差し歯)やブリッジ治療における金属を使用しない最新の治療法。現在まで歯のクラウンおよびブリッジ治療において、十分な強度を確保するため、前歯で..
Weblog: 歯、知らないと痛い!歯の話
Tracked: 2007-10-01 07:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。