2007年08月01日

クラウン(被せ物ですね?)

セラミッククラウウンとは、歯を一回り小さく削った(約1〜1.5mmほど)上にセラミック製の歯をかぶせることで、歯を美しく整える方法です。
矯正装置をつけずに、短期間で歯の色と並びを美しく整えることができます。歯を削る量はラミネートベニアより多いですが、適用できる範囲が広く、変色歯はもちろんのこと、大きさのふぞろいな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合まで対応可能です。

使用するセラミックは、天然の歯と同等かそれ以上の強度があります。色合いや質感も自然で、天然の歯以上の色調を出すこともできます。変色が気になる古い差し歯などを取り替える場合などにも適した方法です。

メタルボンド…内面を金属で作る方法(多少、お安い)

オールセラミックス…全てをセラミックで作る。金属アレルギーの心配がない(お高い)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。