2007年08月01日

オーラルケア

審美歯科のオーラルケア

自身でのブラッシングだけでは、磨きにくいところに汚れや細菌が残ってしまいます。
そこで、専門の知識と技術を習得した有資格者である歯科衛生士が口腔内の健康チェックを行い、虫歯や歯周病の原因となる歯垢や歯石を専用の器具を使用して除去するのがオーラルケアです。
3ヶ月に1回、定期的にクリーニングを行うのが望ましいということです。

また、専用の機械を使ったバイオフィルム(細菌集団)の除去やタバコのヤニ・コーヒーやお茶などによる汚れの除去、フッ素含有研磨用ペーストの塗布などを行い、歯全体のクリーニングと抗菌を行うというような、特別なコースを用意しているクリニックも多いようです。

内容によって1万〜4万円くらい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49951672

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。